一戸建て住宅を購入したい!

マイホームの購入を検討しているなら、まずは不動産の情報を収集するとともに、家族構成やライフスタイルに合わせた住まいの条件をリストアップしていくことが大切です。そして一戸建てのマイホームの場合、新築・中古でも選ぶポイントが異なってきます。では、新築と中古の特徴をチェックしてみましょう。

一戸建て住宅について~新築と中古の特徴とは?~

新築

新築住宅では設備などを最新のものや、自分の好みのものを選ぶことができます。耐震強度なども、最新の基準をもとにして建築が行われるので、耐久性が高いのが特徴です。また、初期費用も中古より安く、住宅ローンも返済期間の長いものを選ぶことができます。

中古

中古住宅の大きな特徴は、新築よりも予算を抑えることができる点です。物件の状態によっては、多少リフォームなどで手を加えた方がいいケースもありますが、以前から建築されていたということで、立地などの条件がよいものが多くなっています。

自分の条件に優先順位をつける

新築・中古の物件の両方に異なる特徴やメリット、デメリットがありますので、事前にそれを把握しておきましょう。物件を選ぶ際のポイントは立地や間取り、広さなど色々とありますが、求める条件に優先順位をつけて、理想の住宅に近いものを選択していきましょう。

マイホームを購入するなら~優良な不動産の会社から物件を探そう~

室内

物件探しの前に不動産屋を選ぼう

物件を探していくときには物件情報も大切ですが、まず初めに利用するのが不動産屋です。不動産屋にも全国展開している大手の会社と、小規模の会社があります。大手の会社だと紹介している物件数が多くなり、小規模の会社だと地域密着型が多いのが特徴です。ですから、どれがいいのか決めていきましょう。また、不動産会社選びのポイントを把握しておくとさらに良いところが見つけやすくなります。

[PR]
不動産の相続手続きを進めよう
優良業者を厳選セレクト☆

不動産会社の選び方

住宅模型

条件のを明確にする

不動産屋の特徴によって、強みが異なるので自分の求める条件の中でも優先順位が高い物を紹介していそうな不動産屋を選ぶことが大切です。例えば、立地などで特定のエリアで物件を探したい場合には、地域密着型の不動産会社を選ぶことで、条件にマッチした物件を探しやすくなります。

ホームページなどで取得認可を確認

不動産会社が不動産の取り引きを行うには、宅地建物取引業法もとに定められた免許を取得する必要があります。宅建業免許番号はホームページなどからも確認することができ、そこに記されている免許番号から、営業年数などの情報を知ることができます。

スタッフの対応

実際に足を運んで、物件の情報を聞くときにはスタッフの対応にも注目しましょう。疑問や質門をした際にもしっかりと返答をし、メリットだけでなくデメリットも教えてくれると、信頼性も高まります。

アフターサポートがしっかりしている

物件が決まって入居が完了した後でも、しっかりとしたアフターフォローを行ってくれる不動産屋だと安心です。ローンや相続の相談に乗ってくれたり、何かあった場合にもしっかり対応してくれると、入居後も長く付き合っていくことができます。

[PR]
枚方エリアの不動産を厳選公開♪
物件選びをスムーズに進めよう

[PR]
住宅ローンの任意売却が相談できる!
家を売りたいなら必見!

[PR]
多摩市で不動産購入を進めよう
優良物件を見つけ出す方法って?