不動産の好条件物件は内覧しよう〜大事なチェックポイントを紹介〜

HOME>Topics>ポイントを押さえて優良な不動産の物件を探そう!

好条件の物件は内覧しよう

アパートや中古物件などへの入居を検討しているなら、気になる不動産の物件の内見を行うことで、実際の部屋の状況をチェックすることができます。では、内覧で物件内を見る時にチェックしておきたいことを見ていきましょう。

内覧する時に把握しておきたいこと

  • 部屋の日当たり
  • 間取り
  • 電波状況
  • 水回り
  • 収納スペース
  • コンセントの数
  • 洗濯機を置くスペース
  • 駐車場
  • ゴミ置き場

入居後に後悔しないために

実際の居住スペースに問題があれば、不便や住みにくさを感じて後悔してしまいます。それを防ぐためにも、内見の際には遠慮なく細かくチェックをしておくことをおすすめします。では、立地や周辺環境はどのようにチェックすればよいのか、ポイントを紹介していきます。

物件の周辺環境のチェックポイント

積み木

便利な施設はあるか

スーパーやコンビニ、病院など生活する上で必要となる施設が近くにあるか、利用しやすい場所にあるか確認しましょう。また、銀行や郵便局などATMが利用できる所や、自分が必要としている施設があるかもチェックポイントです。

騒音

物件の近くに騒音が気になるような施設がないかも確認しましょう。また、信号機や車の交通量によってはうるさく感じる所もあります。可能であれば、昼だけでなく夜間の状況も把握しておくことがおすすめです。

においや衛生環境

周辺に飲食店などがある場合、意外と気になってしまうのがにおいの問題です。洗濯物を外に干すと、においが移ってしまうこともあります。また、衛生的にあまりよくない環境だと虫が発生し、部屋にまで侵入してくる可能性もありますので、しっかりとチェックしておきましょう。

ポイントを押さえて優良な不動産の物件を探そう!

男の人と女の人

チェックポイントを押さえることが大切!

住みやすい不動産の物件を探すなら、周辺環境・建物や室内の状態をしっかり確認をすることが重要です。そのため、内見が必要となります。内見では、他の物件と比較できるよう写真を撮ったり間取りやスペースをメモしておくことで、じっくり吟味することができます。